今日は久しぶりに RUSTについての更新です^^

 

また2月の頭から気合入れてバンカー拠点を作って進めています。

ゲームやっても金にならんし…と思って辞めてましたが2月はそこそこやった感じです。

 

ただゲームしながらでも金が入ってくる、ゲームみたいなネットビジネスの仕組みはマジヤバイです(笑)

毎月遊びながらでも安定して金になるのは、ある意味、ゲームの世界です^^;

 

というわけでPS4のRUSTのモニュメントの鉄道施設について書いていきます。

鉄道施設 モニュメント攻略(PS4)

 

鉄道施設は比較的難易度も低く簡単にブルーカードの部屋に行くことができます。

 

では、持っていくものですが…

グリーンカード1枚

ブルーカード1枚

そして電気ヒューズ1個。

あとは敵との遭遇の為に銃などの武器や回復系のアイテムと放射線を考慮してハズマットスーツがお薦めですねー^^

 

PC版だと中にAIが居るっぽいのですが AIと遭遇した事がありません。

 

RUST鉄道施設の進め方

 

まずはこの一番高い建物を目印に進んでいきます。

この高い塔の上にも登れますが 上には包帯が入ってる木箱が湧くぐらいで何もないです。

登る価値ないです(笑)

 

RUST(PS4)鉄道施設 一番高い塔のすぐ近くの小屋の中で1つ目のスイッチをON

この大きい塔のすぐ近くにある小さ目の小屋に進みます。

この小屋です。

 

この中に、歯車のような機械があるんですけど そこのスイッチがあります。

これをオンにします。

 

次にONにしたら 細長い建物へ移動します。

 

RUST(PS4)鉄道施設 2つ目のスイッチ 細長い建物の最上階に移動

 

鉄道施設は先にスイッチを2か所入れる必要があるのですが もう一つは、ここの細長い建物の最上階にあります。

こちらです。

一番高い塔を除けば高い建物はあと2つなので分かり易いですね。

内側に階段があります。

 

これを登っていきます。

最上階に移動すると スイッチがあります。

これが2個目のスイッチですね。

 

次は2階建ての倉庫と繋がってる建物に移動します。

 

RUST(PS4) 鉄道施設 ヒューズボックスとグリーンとブルーの部屋へ移動

次はこちらの建物に移動します。

 

先に1階に木箱かグリーンBOXが湧く場所があるのでそちらに移動します。

ちょうどこの中の1Fです。

今回木箱ですがグリーンBOXの時もあります。

 

そして2Fへ移動します。

ヒューズBOXがこちら。

入れたらONにします。

※ヒューズ入れた後に右下にスイッチがあるので このレバーをオンにします。

終わったら反対側のドアから外に出て階段を上ります。

グリーンカードの部屋

今回はそのままブルーの部屋に行きますが グリーンカードは木箱などが数箱ありますが あまりオイシイアイテムは無かったと思います。

 

さらに上に進むとブルーの部屋があります。

 

中にはグリーンのBOXや木箱などが幾つかあります^^

 

タレットや上質金属やロケラン、ライフルの胴体などその時によって バラツキはありますが そこそこ入手できる感じです。

 

というわけでアイテム取ったら戻りましょう。

長居は禁物です。

鉄道施設のアイテムが復活、湧く時間

だいたいですが リアルの時間で30分~1時間程度。

 

この辺のアイテムを毎回リサイクラーで溶かせばスクラップは簡単に貯めれます。

 

タレットなんかは拠点で使っても良いと思いますがライバルが少ない時間を狙って集めましょう。

尚、鉄道施設には赤い部屋はないので、カードは沼地のセーフポイントで売却すると80スクラップになります^^

 

RUST鉄道でアイテムが出現する場所

その他、アイテムが湧く場所は、1個目のスイッチの真横

2個目のスイッチの最上階の階段を上がったところに緑箱

そして一番高い塔の上には包帯の箱 → 行く意味ない。

 

 

鉄道施設攻略のポイント

ここまで紹介する流れでスイッチが既にONになっている場合は、誰かが居る可能性があります。

 

なので鉢合わせにならないように去るか、あるいは、ブルーやグリーンの部屋のある建物で、出てくる奴を狙い撃ちする体制を整えるとより良いと思います。

 

意外と列車の下にしゃがんでいると分かり難いので射撃するのも有りですね。

 

ただモニュメントに持ち物一杯で来るユーザーは居ないと思うので 持ち帰りのアイテム∔回復系∔銃などが戦利品といったところです。

 

鉢合わせは避けたいですが出てくるユーザーを襲うってのは有りなので 色々と工夫してみてください。

記事を読む  RUST 攻略 低質燃料を作る4つの方法と使い道

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事