あるまです(^^ゞ

今回の記事では無料のテーマを幾つか
紹介していきます。

 

個人的に有料テーマを使ってるお前が言うな!

とかツッコミバリバリ来そうですけど、

ブログ初心者の人にとっては、無料のテーマで十分です(^^ゞ

 

まだ読んでない人は読んでね。

 

 

無料テーマ一覧 おススメ

それでは幾つかブログアフィリエイト向けの
テーマを紹介しておきますねー。

 

コクーン ※無料ワードプレステーマ

 

https://wp-cocoon.com/

無料のワードプレステーマコクーン

 

特徴はリンク先で見れば良いけど

シンプルでカスタマイズもやり易いです。

 

普通のテーマと同様に ダウンロードして、

テーマの新規追加からアップロードしたり

FTPでテーマフォルダにぶち込んだらOKです。

 

リキッド 無料ワードプレステーマ

 

 Xeory Extension ※無料ワードプレステーマ

ワンカラム型のサイトにブログ機能を搭載した

テーマの仕様になっており、サービス紹介や

会社情報などのコンテンツの配置が容易なため、

企業のホームページやLP(ランディングページ)に

向いたワードプレステーマです。

 

結局どれが良いの?無料のワードプレステーマの選び方

 

まず無料のテーマを使う時に大事な事があります。

それは、、

「利用者の傾向」です。

 

これが何かというと
このようなカスタマイズ情報の多さを見ます。

 

 

アフィリブログならコクーンかな?というところですが
カスタマイズできるという事は、色々とデザインの変更など
ができるということです。

 

この手のテーマを

一から 自分一人で、カスタマイズする事は、大変です。

 

そもそも どこまで
何を編集してどうできるか?

 

これを追求するのは初心者には、至難の業です。

 

実際にカスタマイズ情報を投稿している

人が多いテーマの方が 情報を拾い易く、

結果として できる事も多くなるのです。

 

テーマ名+カスタマイズなどで検索してみると良いです。

 

僕のブログでもカスタマイズ詳細の紹介は

限界もあるので 一度ご自身で検索をして

カスタマイズの説明量が多いものを使うと良いです。

 

とは言っても数なんて数えられないので

ざっくり見て、たくさんあるようなら安心。

 

でもぜんぜん出てこない…なら使わない方が良いです。

 

ワードプレステーマで、駄目な例 辞めた方が良い例

 

では、分かり易いように、

「使っちゃいけないワードプレステーマ」についても

説明をしておきますね。

 

例えば 無料ワードプレステーマ などで

検索をすると以下のようなテーマを紹介があるケースもあります。

 

名称は、ガゼット というテーマのようです。

 

 

ダウンロードする必要もないので、

上記リンクは移動しなくて結構ですーー^^

検索してみましょう…。

 

ほぼ無いです。

 

よく「無料テーマ○○選」などと紹介を

しているサイトがあるのですが、

ぶっちゃけ言うと「紹介する意味あるの?」と

思いますね…。

 

作者には悪いですが そもそも、

このテーマ、ヤバイです。

公式ではあるものの、

ワードプレスの更新の度にケアされてないです。

 

メンテされてないという事は、

ウイルスやハッキングされる盲点になる可能性も

十分にあるのです。(これはプラグインも同じ。)

 

これは国内のワードプレステーマでもいえる事ですが

ある程度のワードプレスの更新に合わせて

メンテや確認は必須です。

このような表示があるものは、使う事がリスキーです(^^ゞ

 

おそらく記事ネタとして数多くのテーマを紹介して、

無料のワードプレステーマ○○選というタイトルにしたいから、

適当なワードプレステーマを並べているだけ だと思います(^^ゞ

 

初心者でも少し知識があれば、

「これは紹介するものでもないな」

と、なってしまうレベルですからね(^^;

 

プラグインでも同じですよ。

更新されてないものはワードプレス内で

インストールしようとすると上記のような表示が出ます。

 

もちろん使えたり正常に動いても、

そこがセキュリティホールになり、

感染やハッキング…などに綱がる

リスクがあるのです。

 

なんかこの程度のワードプレスの無料テーマなら

普通に公式から検索すれば腐るほど出てきます。

 

 

外観⇒ テーマ

これで 新規追加をクリックすれば腐るほど出てきます。

 

 

適当に人気順にしておけば なんとなく

全世界で人気のものが出てきますが、

日本のブログにあうものは 少な目 です。

 

このようにテーマの特徴を指定して

検索もできます。

テーマのデザインは、作るサイトのジャンルや、

好みにもよるので一概に言えませんが

個人的には僕が紹介した3つの無料ワードプレステーマを

利用すれば十分かなと(^^;

 

そもそも、無料テーマ検索で時間を消費するなら、

上記3つから選んで、記事の投稿に時間を消費する方が、

何倍も価値あると思います(^^ゞ

 

あともう一個、最初に無料テーマが良い利点を

少し触れますね。

最初に無料テーマから始める利点

 

無料のテーマの場合は、

テーマオリジナル機能が少ないです。

 

プラグインで実装する方が、

後で着せ替えする場合に便利です。

 

例えば、ワードプレスのテーマ、DIVERを僕が使ってますが

これを アフィンガーというテーマに変える場合、

DIVERで強調されている、簡易入力補助などの機能、

例えば 囲い枠や吹き出しなどの機能、

その他、見た目のデザイン機能など全てですが、

この手の機能は、ダイバーだけでなく

JINやDIVERなどのテーマの多くは、

独自のショートコードみたいなものを

使っているので、他のテーマに変更すると

デザインが全て コードだけになるんです。

 

アフィンガーとかも典型ですが、

一度使バリバリ使って、後でテーマを変更する時大変です。

 

ただ最初は 機能の少ない無料のテーマで

機能面をプラグインを利用している場合には、

だいたいどのテーマに変更をしても

大きな変化が無いんです。

 

つまりワードプレス公式プラグインを

使いまわしすればテーマに依存しないけど

テーマに依存した機能を使うと、

テーマ変更の時に 過去の記事が全部、

ぐちゃぐちゃになります。

 

ソースに法則性があれば、一括置換で修復可能ですが

それでも面倒くさいです(^^;

 

なので、序盤に関しては、僕は無料テーマで、

十分でしょ?って思いますね。

 

慣れてきたら有料テーマを買う事を視野に入れても

多分、機能面をプラグインでうまく賄えていけば

ほぼ問題ないです(^^ゞ

 

なんとなく色々なテーマも欲しくなるのですが

着せ替える度に過去記事の修正を強いられると

結構 嫌になります(笑)

 

参考にして下さい。

 

今から RUSTやります(笑)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事