Rust (ps4)の攻略ですが
もともとゲームに
最終目的がありません。

何かを取るとか何かを倒すといった
目標がないので 自分で好きに決めて
プレイするのがRUSTです。

 

生き抜くという事はもちろんですが

大きな拠点を作る、
あるいは
他のユーザーを倒していく

といった意識を持てばなんでもありです。

 

ただ、RUSTのプレイが無駄にならないように
中盤編を素人見解でまとめます^^

 

過去の記事

 

記事数が多いので少しまとめます.

 

RUSTコンソールエディション 中盤で何をやっていけば良いのか?

 

まずは序盤はアイテムを集めて、

最低限の拠点作りをする事です。

拠点のポイント
小さい家で十分
維持費コストが安い家でOK
セーフゾーン近くがお薦め
かまどや作業台、ツール棚、道具箱などを配置できる平屋の家がお薦め
最低でも石造りの家 鉄にバージョンアップしていく。

そして家を拠点にして活動します。

セーフゾーンの中でも、アウトポスト周辺では、サイエンスティタレットがあります。

 

これです。

 

セーフゾーンのルールを破ったユーザーには、
アウトポストの場合このタレットが
ガンガン打ち込んでくれます。

 

そのルールというのは、

セーフゾーンの周りで他のユーザーの
建物を攻撃した場合や他のユーザーを
倒した場合も発動しますので、
ある意味守られてる感があるのです。

 

ただアウトポストの周りはセーフゾーン
境界線ギリギリに建築できないので
その点が難点です。

 

沼地側はかなりギリギリに建築可能です。

 

どちらにしても他のプレイヤーも
「セーフゾーンの周りでは攻撃しない方が良い」と
知ってる人が多いので、間近なら、そこまで
壊れないと思います。

 

このような利点がセーフゾーンの近くだと
あるのですが とにかく拠点ができれば、
アイテムを こまめに貯めながらスクラップを
収集してリサーチテーブルでアイテムレシピを
どんどん覚えるようにしましょう^^

 

収集したアイテムで不要なものは全てりサクラ―です。

 

こんな感じです^^

置いておきたいもの以外は全部かけましょう。

 

珍しいアイテムが出てきた場合は取っておいて
リサーチテーブルでレシピを学ぶ事が大事です。

 

Rust PS4で、初心者がミスする失敗点

まず失敗した行為というのは
手に入れたアイテムをそのまま
使って消耗させる事です。

 

飛び道具や自分で作れない
アイテムが手に入ったら
便利そうなものほど使わないで
必ずレシピを覚えさせてください。

 

これはリサーチテーブルで
スクラップを使えば簡単に行えます。

 

今後サーバーがリセットされても、
レシピの有り無しは大きく差がでるポイントです。

レシピがあれば、材料があれば
作れるので とても便利です🤜🏽

 

確かにスクラップの出費や
リサーチしたアイテムはその場だけ
失いますが 何も躊躇う事なく
リサーチ優先しておきましょう。

 

RUSTコンソールエディション ドラム缶エリアとモニュメントを行き来する

 

ラストコンソールエディションで拠点を築いたら
ドカンの集まりそうな場所に寝袋を置いて
いつでもリスボーンできるようにもしておくと便利です。

 

 

もちろん武器を装備した方が
石より早くドラム缶を壊せます。

 

サーベルクリーパーがあれば一撃です。

 

家の近くにこのような拠点があれば良いですが
無い場合は少し離れた場所に取りにいく事になります。

 

自宅から拠点に移動して、
また戻るとなると往復になるので
この間にやられるリスクもあります。

とくに装備が弱小の場合は要注意です。

 

寝袋 → ドラム缶を壊してアイテムを集めながら拠点に戻る。

 

といった流れが一番良いと感じました。
(あとで画像で解説をします。)

 

取れるスポット周辺からスタートすると、
裸で石とたいまつしかないので途中で
撃たれてもリスクも最小限です。

つまりお宝スポットに寝袋を置いて、
寝袋から自宅までアイテムを取りながら移動しながら
アイテムを増やしたり リサイクラーでスクラップを
増やしつつ、取得したアイテムなどをリサーチテーブルで
リサーチしてレシピを覚えていくのです。

うまくやれば1回で200個以上ぐらいのスクラップを入手できます。

 

この繰り返しです。

 

アイテムもある程度揃ってきたり
銃系のアイテムも普通に手に入るように
なってくる筈です。

 

今後、作れるようになりたいアイテムは
家の中に大事にしまっておいて、
リサーチテープルで ブループリント化しましょう。

 

リサーチテーブルは自分の部屋にも配置できますが
セーフゾーン近くなら セーフゾーンの中にあるので、
それを活用すると良いでしょう。

 

僕の場合は、

寝袋→ アイテム収集しながらセーフゾーン及び自宅 → リスボーンして寝袋

この繰り返しです。

 

最後に拠点の家でアイテムをBOXに閉まっています。

 

何度もやってると飽きてきますが 無難にアイテムが
みるみる内に増えていきますので、リサイクラーに
かけてしまえば軽く300個以上も集められる事があります。

 

イメージとしては、こんな感じです。

 

とにかく地盤を固めて
アイテムを大量保管して
加工できる最低限の拠点で大丈夫です。

強いアイテムで戦えるまでは、
このように コソコソコツコツ
武器やアイテムを最小の家を拠点にしながら揃えて
キャラにレシピを覚えさせることが
一番大事なポイントです。

 

尚、出現場所などはサーバーによっても
異なるので一概に言えませんが、
とにかく道路沿いを中心に考えたり、

飛行場や採掘アウトポスト、ハーバー、発射場などを
中心にウロウロと自分が取りやすい場所を回る事が大事です。

 

何度回っても早めにアイテムはスポーンされるので
このぐらいの距離を走れば、ぜんぜん元通りになってます^^

 

Rust では、レシピ、アイテムが豊富になってくれば、

家の増設や新しい拠点などを考えると良いと思います。

武器やアイテムが豊富になってくれば、

もっと効率よくアイテムを集めやすくなり

他のユーザーも倒しやすくなります。

 

最初の間は、そこまで巨大な建築物を目指したりしても

正直言って結構無駄な時間を消耗するだけで終わります。

しっかり計算をして堅実に取り組む方が賢いのです。

 

Rustコンソールエディションは、
サーバーがリセットされてしまうと
レシピは覚えていますが、全てのアイテムや
建造物が無くなります。

 

つまり大事な事は、ゼロからより効率よく構築できるかが勝負です。

これができれば、他のユーザーより
頑固たる拠点を早く構築できます!

 

そうするとほぼ勝ち組です👌

その為にレシピは必要不可欠なのです。

 

初心者なりにまとめましたが

この辺りは間違いないんじゃないかな?と思います。

よければ もしも間違えている事があれば、

問い合わせ欄より気軽に声をかけて下さいね^^

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事